元IT土方のぼっち旅日記

【40代無職】元IT土方の人生再建計画

40代無職♂で高齢失業した元IT土方です。IT土方時代はSESでテスターという底辺人生。厳しさを増すこの時代を何とか生き延びたい、その一心で人生再建していきます。どうぞよろしくお願いいたします!

 本サイトはプロモーションが含まれています

【ひとり旅日記】2022年8月11日 工作船を見てきた②

◆◆◆当ブログにお越しいただきましてありがとうございます。◆◆◆

今回は海上保安資料館 横浜館に入館して展示物を見て回ります。

入館

入館すると手の消毒と検温をします。

左手に受付がありますが特に声を掛ける必要なく入館できました。

先客は4名ほどだったのでゆっくりと見学できました。

展示物

まず目に入るのが工作船の船体。

ニュースなどでは「漁船に偽装」などと伝えていたので小さい船体を想像していたので予想以上の大きさに驚きました。

事件の概要を説明したパネル

入り口から入って右手には事件の概要を説明したパネルが展示されていました。

事件の経過

工作船の活動目的

過去の不審船・工作船事例

ひとり旅特集 びゅう

船体

船体の模型には工作船の大きさなどが表示されていました。

大きいと思ったら全長30メートルもあるんですね。

一番気になったのは速力。

約33ノット(61km/h程度)って海上でこれだけのスピードを出せるのはすごいですよね。

船体の模型
船首

高速走行を可能にするためにV字型の船首になっていました。

V字型の船首
左舷側

左舷側船首には巡視船から発射されたときの弾痕が残っていました。

船首の弾痕

主機関の排気口を隠せるようになっていました。

第一機関室の排気口

第二機関室の排気口

船籍を偽装できるようにもなっていました。

船籍偽装用の鉄枠

船籍偽装用の板。上の写真の鉄枠にはめて使用していたらしいです。

JR東日本国内ツアー,びゅう

発見された武器

入り口から入って左手には工作船から発見された各種の武器が展示されていました。

すべて実物の武器です。(使用できないように処理されています。)

実物の武器を見たのは人生で初めてでした。

武器展示①
  • 82mm無反動砲
  • 携行型地対空ミサイル
  • 鉄かぶと

武器類①

武器類②

これだけの武器を装備しているとは知らずに工作船に接近していたのは本当に命がけだったんですね。

武器展示②

もう一つ武器の展示がありました。

自動小銃

ロケットランチャー、機関銃、手榴弾、銃弾

自動小銃は意外と大きいと感じました。

ロケットランチャーや機関銃はかなり大きかったですね。

自動小銃用の銃弾

機関銃用の銃弾

対空機関砲の銃弾

自動小銃と機関銃の銃弾は想像していたより小さいと感じましたが、対空機関砲の銃弾の大きさはやばいですね。

あんなの人体に受けたら木っ端みじんになってしまいます。

展示物の下に武器についての説明がありました。

武器の説明①

武器の説明②

温泉旅行特集 びゅう

回収した物品

武器類の展示の反対側には回収された物品の展示がありました。

回収した物品①

携帯電話や防水処理された地図など。

回収した物品①
回収した物品②

無線機など。

日本製のヘッドホンもありました。

回収した物品②
回収した物品③

自爆スイッチや漁船への擬装用の集魚灯。

実際に自爆して沈没しましたが生きて帰ることを考えていないというのは恐ろしいですね。

回収した物品③
回収した物品④

缶詰や腕時計、バッヂなど。

回収した物品④

缶詰と腕時計は日本製でした。

缶詰と腕時計は日本製
回収した物品⑤

潜水器具です。

回収した物品⑤

 

 

残りの展示物は次回のお楽しみ。

◆◆◆最後までお読みいただきましてありがとうございました!!◆◆◆